ゲンチアナエキスはお肌の消炎効果と毛細血管の働きを促進する

ゲンチアナエキスはお肌の消炎効果と毛細血管の働きを促進する

ゲンチアナエキスとは、リンドウ科植物であるゲンチアナの根や茎から抽出される成分です。この成分には、お肌を美肌にする効果があります。主な効果として、毛細血管の流れを促進し、さらに消炎効果もあります。この二つの効果は、お肌の表面だけではなく、深い深部で効果を発揮します。

 

まず私たちのお肌は大きく三層に分かれています。その三つの層は、表面から順番に表皮、真皮、皮下組織といいます。

 

ひとつめの表皮は、とても薄いですが、表面には毛穴から分泌される水分と油分が混ざり合ってできた薄い膜があります。この膜は、外部の刺激からお肌を保護する役割があります。

 

さらにこの表皮では、古いお肌と新しいお肌が生まれ変わるターンオーバーがおこなわれています。しかし、空気が乾燥していたり、強い紫外線によってお肌の表面の水分と油分のバランスが崩れてしまうと、たちまち表面の膜は薄くなり、潤いや張りがなくなるだけではなく、外部の刺激からお肌を守ることができなくなります。このような状態になってしまうと、外部の刺激によって肌の表面が敏感になってしまい、炎症が起こります。

 

炎症が起こると、肌は赤みを帯び、表面はガサガサになり、ヒリヒリとした痛みが生じます。この炎症した状態では、美容液や乳液、クリームをつけたところで、全く改善はできず、むしろ刺激になりますので症状を悪化さっせてしまいます。この炎症による赤みや痛みを抑えるためには、まず消炎効果のある化粧水をつかって炎症をおさえる必要があります。よって、このような場合は、ゲンチアナエキスが配合された化粧水がとても効果的です。

 

次に表皮の下にある真皮は、深部で水分を貯蔵しているコラーゲンやヒアルロン酸といったお馴染みの成分が存在しています。

 

さらに、表皮で行われるターンオーバーの働きに必要な器官もたくさん存在しています。このたくさん存在する器官の中に、毛細血管があります。毛細血管は、動脈と静脈をつなぐ役割をし、皮膚に栄養や酸素を運んでいます。また、老廃物や二酸化炭素を排出している重要な役割をしています。すなわちこの毛細血管から表皮へ栄養が送り込まれて、ターンオーバーが行われています。

 

しかし、疲労や、冷えなど体調不良や食事の栄養がかたよってしまうと、毛細血管の流れが悪くなり、お肌の細胞に栄養や酸素がうまく運ばれなくなります。そうなることで、新しいお肌と古いお肌の生まれ変わりがスムーズに行われなくなりお肌が老化してしまいます。よってこの場合も毛細血管の流れをよくするゲンチアナエキスが効果的です。この場合は、お肌の深部まで成分が浸透する必要がありますので、化粧水よりも粒子が細かく深部まで浸透する美容液がより効果的になります。

 

このようにゲンチアナエキスが配合された化粧水や美容液は、お肌の消炎効果と毛細血管の働きを促進する効果がありますので、お肌には欠かせない美肌化粧品といえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"