深い睡眠と適切なケアで頬の毛穴は改善できる

深い睡眠と適切なケアで頬の毛穴は改善できる

十代から二十代前半の肌は瑞々しくハリもあるので頬の毛穴は目立ちません。

 

毛穴の黒ずみが目立つのは汚れや皮脂が原因ですが、頬の場合は毛穴が開いてしまうのは加齢や紫外線、生活習慣の乱れによって肌のハリが失われてしまっているが故の事が多いです。

 

毛穴は元々丸い形をしているものですが、開いた頬の毛穴を鏡でじっくり見てみるとしずくの様な形になっているのが分かると思います。これは肌がハリを失くし、弛んでいる証拠なのです。この状態を放置していると弛んだ毛穴同士が繋がってしまい、帯状毛穴という小じわの様になってしまいます。

 

またオイリー肌の人なら過剰な皮脂やスキンケアの保湿不足といった原因も考えられます。この場合は開いた毛穴にぽつぽつと皮脂が詰まっている状態になっているかどうかで見分けられるでしょう。

 

深い睡眠と適切なケアで頬の毛穴は改善できます。

 

サプリメントではビタミンB2、ビタミンB6を摂取すると皮脂の代謝をサポートしてくれて肌表面の潤いが保たれます。
肌のハリを取り戻させるコラーゲンを摂取するのも良いでしょう。ビタミンCと併せて摂ると効果アップが期待できます。抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンEなどもおススメです。
スキンケアはクレンジングと洗顔のダブル洗いを必ず行うようにします。

 

クレンジングで落とすのはメイク汚れの油性の汚れ、洗顔料で落とすのは汗や角質などの水性の汚れなのでどちらか一方を省いては毛穴が詰まる原因になってしまうでしょう。
洗顔のポイントは擦らないことです。泡を転がすイメージで指が肌に触れないように洗いましょう。

 

基礎化粧品は保湿を重視して揃えるのがポイントです。特に化粧水はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった成分が配合されているものが向いています。保湿をしたら美容液や乳液を適量、肌質に合わせて付けるようにします。
また毎日頬の筋肉のエクササイズをすると肌の弛みやほうれい線を予防できます。

 

日焼け止めは短時間の外出でもしっかりと塗りましょう。